FC2ブログ

2011/12/19 レンタル器材の点検と修理

いい天気

今日も朝からとってもいい天気になりました。
乾きにくいダイビングブーツも、良く乾きそうですよ。

レギュレーター

昨日、レンタル器材のチェックをしてたら、レギュレーターの1つにエア漏れ発見。
タンクに接続してバルブを開けると、ほんの少しですが「シュー」っと。
このままほっておくと、そのうち大量に吹き出して、くわえることが出来なくなるので、早めの修理です。

分解

セカンドを分解してみると、中圧調整の当たりが減ってきて、常に隙間が空いてるようです。
ゴムに異変や劣化はないので、ネジで調整すればOK。
かなりシビアな調整なのですが、ネジを8分の1回転づつ閉めて調整します。

専用の調整する治具があるのですが、手元にないため面倒ですが、ネジを回しては組み立て、圧を計ります。
4回目でジャスト調整でした。。。

最後に各パーツをグリスアップして組み込んで終了。

修理完了

これでバッチリです。

もう1つ、BCのインフレーターヘッドが常にエアが入り続ける不具合も発見。
微量なのでダイビング中も気が付かないぐらいの問題なのですが、ほっておくと重大な問題に成りかねないので、こちらも修理しました。
ヘッドの中のバネが押され過ぎていたので、蓋にあたる部分の調整です。
調整自体は簡単なのですが、エアインテークボタンとの隙間をうまく調整しないと指が疲れる(固くなる)ので、なんどか調整してベストなポジションを見つけました。
これでボタンを押さないときのエア入りもなくなり、かつ、ボタンを押せばスムーズにエアを入れることができました。

これで器材も大丈夫。





沖縄ダイビングショップ「アクアデート」
ダイビングログはこちら「美らでじ日記」

http://www.aquadate.org/i/  http://www.aquadate.org/i/

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

tag : ダイビング 器材 修理