FC2ブログ

2012/02/18 エアメールの日

ゆ~き~が、ふ~る~

豪雪です・・・。

そんな訳ないですが、雪でも降りそうなくらい寒い沖縄ですよ。。。


さて、今日2月18日はエアメールの日だそうです。

1911年のこの日、インドで行なわれていた博覧会のアトラクションとして、6000通の手紙が約8km離れた駅まで飛行機で運ばれたそうです。
そこから先は普通に列車で運ばれたそうですから、完全なエアメールと言う訳ではないのでしょうが、郵便が空を飛んだ初めてのことなんだそう。

今では電子メールが普通なので、あまり手にする機会はないのですが、昔、海外から届いた赤と白のラインが入った封筒に、ドキドキした記憶があります。
でも内容は全て英語だったので、ほとんど理解出来ませんでしたが。。。(^_^;)

もう1つ。

2月18日は「冥王星の日」だそうです。
エアメールが飛んだ19年後の1930年、アメリカのトンボーさんが太陽系第9惑星を発見。
その内側の惑星の運行の乱れから、もう1つ外側に惑星が存在することは予言されていましたが、あまりにも暗い15等星だったため発見が遅れたそうです。
その暗さから、冥府の神にちなみplutoと名付けられたんだそう。
しかし皆さんご存知の通り、2006年に惑星の定義が定められ、冥王星は準惑星に格下げされてしまいました。
ちなみに2006年は冥王星を発見したトンボーさんの生誕100年だったそうですよ。

私が子供の頃に覚えた惑星の順番は、「水金地火木土天海冥(すいきんちかもくどってんかいめい)」だったのですが、あるとき冥王星と海王星の順番が入れ替わり「~冥海(~めいかい)」になりました。
はっきり何時頃だったか覚えてなかったのですが、今、ウィキを見たら1979年から1999年だったそうで、現在はまた元に戻ってるようです。
もっとも冥王星は惑星ではなくなってしまったので、「~海(~かい)」で終わる事になりますね。。。

ちなみにウィキで「冥王星」を調べると色々面白いことが判りますよ。

惑星の公転速度は内側の方が早いのですが、この海王星と冥王星は起動が交差してるので、クロスラインを通過するときに、後ろから追いかける形で海王星が冥王星に近づきます。
このままではぶつかりそうな気もしますが、クロスラインを越えて冥王星が海王星の軌道の内側に入ると、スピードが上がって、次のクロスラインまでは冥王星の方が速くなるのでぶつからないんだそうです。
で、再び冥王星が外側に出ると、速度も逆転して、冥王星を追い越すんだそう。。。
良く出来てますよね。



・・・はて?ウチは何屋さんだったっけ・・・?(^_^;)


/で

沖縄ダイビングショップ「アクアデート」
ダイビングログはこちら「美らでじ日記」

http://www.aquadate.org/i/  http://www.aquadate.org/i/

tag : 沖縄 寒い日にはウィキでお勉強