FC2ブログ

2016/01/28 インロック!

またまたトラブルです。。。

事もあろうにインロックしてしましました。

いつもはBCのポケットの中にあるフックに付けておくのですが、今日は付けたつもりになって、器材を入れる箱にそのまま放り込んだままの中へ。

上がってきて、気づいて真っ青。。。
携帯も何も全部の中。

どうすることも出来ずに、取り敢えず一番近いGSへ。
それでは対応出来ないとのことで、カギ屋さんの電話番号を貰って、連絡。
15分ほどで来てくれて、ものの1分もかからず解錠。

プロはスゴイ!

ということで助かりましたが、これがいつも使ってるビーチで起きたら、とんでもないところでした。
インロックしても開けられるように、何か考えないと。


/で


沖縄ダイビングショップ「アクアデート」
ダイビングログはこちら「美らでじ日記」

http://www.aquadate.org/i/  http://www.aquadate.org/i/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

tag : 沖縄 トラブル インロック

2016/01/26 エンジンがかからない!

この大寒波、各地でおおきな被害をもたらせてくれたようですが、ウチにも被害が・・・。

朝、いつもの様にエンジンを掛けて(かかった)、出発しようとしたら、1mほど動いてエンスト。
そのあとは、なんどやってもエンジンかからず。。。
グローランプも正常、セルも元気に回ってるのでバッテリーも大丈夫そう。。。

なんだろ?

燃料が来てない感じです。

しかし、初めての事と、時間がないので、知り合いのショップさんに迎えにきてもらいました。
でも車は駐車場の位置から1mほど進んでしまっているため、そのまま離れるわけにはいかず、
2人でかなり苦労してバックさせ、まだ30cmほど飛び出してるけど、時間ないのでお仕事に。

昼の休憩時間にも、知り合いショップの社長さんが見に来てくれましたが、原因つかめず。
あれこれ原因を考えて、ポンプじゃないか?と予想しましたが、そのポンプの位置がわからず、またしても時間切れで断念。

お仕事が終わって、修理工場に電話する前に、車の整備マニュアルを見てたら、「燃料切れになったとき」の項目を発見。
ポンプの位置も書いてあったので、運転席をずらしてパネルを開けたら、ポンプあった!

ポンピングすると、最初はスカスカ。やっぱりエアが入ってる感じ。
そのままポンピングを続けて、エア抜きしたら、、、

かかりました!

一回目は、エンジンかかってまたすぐに止まってしまいましたが、2度めは不安定ながら回り続け、アクセルを煽ると、安定。
その後は、もう大丈夫。
こんな簡単に治ってしまうなんて、、、後で聞いたらディーゼル車にはよくあることだそうで。
知っていれば朝の内に治せたのでしょうが、なにしろ初めてのことで。

ここからは想像ですが、
燃料が半分ほどしか入っていなかったので、この大寒波でタンク内に結露が発生し、この大寒波で凍結。
そこから燃料が送られず、エアが入り、ポンプに燃料が送られなくなった。
最初にかかったのは、ポンプからエンジンまでの間に少しだけ燃料が残っていたから。
ポンピングしてエア抜きしたので、再び燃料が送られるようになって、エンジンがかかつようになった。
と言うことだろう、と。

でもこれでもう大丈夫。
次からは同様のことがあればすぐに治せます。

取り敢えず、大寒波が予想されるときは、燃料満タンにしておきます。

これでまた1つ覚えました。


/で

沖縄ダイビングショップ「アクアデート」
ダイビングログはこちら「美らでじ日記」

http://www.aquadate.org/i/  http://www.aquadate.org/i/

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

tag : 沖縄 ディーゼル車 エンジントラブル